痛み止め薬の効果とは何ですか?丨痛み止め薬の副作用は怖い?

  • 痛み止め薬の効果:

痛み止め薬の効果と言えば、主に以下の病症に効果があります。あなたは以下の病症はありますか、どうぞチャックしてください!

  •  侵害受容性疼痛

一般的な痛みのイメージはこちらだと思います。怪我をした、歯が痛い、喉が痛い、胃が痛い、火傷など、原因は、体のどこかで炎症がおきている場合がほとんどです。

  •  神経障害性疼痛

神経に障害(切断や圧迫)がおきたときにおこる痛みになります。侵害性受容性疼痛と比べて、長引いたり、治療が難しいことがあります。

  •  心因性疼痛

身体に問題がないが、心理的、社会的な要因によって起こる痛みです。

痛みの種類のよって、薬の種類も違っています。従って、自分の状況によって、自分に相応しい薬を選んでください!

  • 痛み止め薬のトップ4を紹介:
  •  ロキソニンS(ロキソプロフェン)

処方医薬品であるロキソニンと成分・量が同じで、痛みや熱の原因物質をすばやく抑え、すぐれた鎮痛効果・解熱効果を発揮します。

また、ロキソプロフェンの成分を同量含む市販薬が以下の薬があります。

  • ロキソプロフェ錠「クニヒロ」 皇漢堂
  • エキセドリンLOX ライオン
  • ユニペインL 小林薬品工業

添加物に違いがありますが、期待できる効果は同等と考えて良いでしょう。

  •  コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα

こちらは、解熱鎮痛成分である、ロキソプロフェンナトリウムと、抗炎症成分であるトラネキサム酸を配合しており、風邪などの発熱やのどの痛みに速く効きます。

  •  リングルアイビーα200(イブプロフェン)

処方医薬品であるブルフェン錠200と成分量が同じです。多くのイブプロフェンを含む市販薬は、成分量が150mgで1日3回が通常ですが、こちらは、1錠で200mg含んでおり、4時間以上間隔をあけて、1日3回までの服用ができます。

  •  ケロリン(アセチルサリチル酸)

1包あたり、アセチルサリチル酸を600mg、鎮痛効果を高めるケイヒ末60mgを配合しています。昔からあるお薬なので、効果も期待でき、安心して飲むことができます。ケロリンと聞くと、銭湯にある黄色いプラスチックの桶を想像しますよね。

  • 痛み止め薬の副作用

痛み止め薬は効果が優れる同時に、副作用もあります。ではどんな副作用がありますか。あなたの完全健康のために、了解しましょう!

  •  腎障害

尿量が減り、全身のむくみ及びこれらに伴って息苦しさ、だるさ、悪心・嘔吐、血尿・蛋白尿等があらわれます。

  •  肝機能障害

全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれます。

  •  無菌性髄膜炎

首すじのつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、悪心・嘔吐等の症状があらわれます。(このような症状は、特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人で多く報告されています。)

  •  アナフィラキシーショック

服用後すぐにじんましん、浮腫、胸苦しさ等とともに、顔色が青白くなり、手足が冷たくなり、冷や汗、息苦しさ等があらわれます。

>>アメリカのイーライリリー社が最新のED治療薬シアリスを発表しました。服用後20分くらいで効果を感じます。

>>早漏防止薬は感覚を鈍らせて射精までの時間が延長させてます。JOKER(ジョーカー)精力剤は日本人医師による監修の早漏防止精力剤です。