歯痛の痛み止め

  • 歯が痛い原因は

1.冷たいものがしみる

知覚過敏の可能性があります。根の表面の象牙質が露出することで、冷たいものに対して敏感に反応する時があります。知覚過敏用の歯磨き粉の使用やフッ素塗布を行って、象牙質表面の神経の細かい穴を封鎖していきます。1,2カ月程度で改善することが多いです。

2.歯に激痛がある

虫歯が神経まで達し、歯の中で神経が腫れて膨れ上がると歯に激痛がでます。神経を取る処置が必要ですが、歯の中で血液があふれかえっているため麻酔が効きにくく、治療にも痛みを伴います。

3.虫歯が原因のもの

根の先の骨の中に虫歯菌が入ると、骨の中に膿を溜めて、大きく歯ぐきが腫れ、痛みがでます。歯茎を切って膿を出す必要があります。また、自然に破れることもあり、何度も腫れを繰り返します。

4.歯周病が原因の歯の痛み

歯周病が進行すると、歯のまわりの歯茎がどんどん痩せていき、まわりの骨が歯を支えられなくなってきます。そうなると物をかんだときに痛みが出ることがあります。歯周病は早期発見・早期治療が大前提です。放置しておくと歯周病菌に骨がどんどん溶かされて最後は歯が抜け落ちてしまうと言われています。

  • 痛み止め方法

1.口の中を清潔にする

食後などに歯が痛くなった場合は、食べカスが歯や神経を圧迫して、歯痛を引き起こしている可能性があります。つまようじや糸ようじ、口を水でゆすぐなどして、痛みの原因を取り除きましょう。ただ、患部を刺激しないように気をつけて下さい。神経を刺激して、応急処置が逆効果になってしまうことがあります。うがい薬があれば、うがい薬で口をゆすぐのも効果的です。

2.腫れた場所を冷やし過ぎない

歯痛で顔が腫れた場合、患部を冷やすことで炎症を抑えることがありますが、腫れた場所を冷やしすぎると、血流が悪くなり、炎症が治まっても腫れが残ることがあります。

3.痛み止めの利用

痛み止めは、医薬品のなかで最も多く使用されている薬のひとつです。歯痛の時痛み止めの利用は必要です。骨や関節の病気などで悩む患者さんもこの痛み止め薬を良く使います。