生理痛と痛み止め

生理痛がひどい人と、あまりひどくない人がいますよね。この違いは何でしょうか。実は、プロスタグランジンというホルモンが過剰に分泌されている人は、生理痛がひどくなってしまうんです。

生理痛の症状は人それぞれですが腹痛、腰痛、頭痛などの身体的な痛みの他、全身の倦怠感やだるさなど漠然とした痛み、そしてイライラ、無気力、憂うつ、怒りっぽいなど精神的な症状を伴うこともあります。さらに吐き気、胃痛、食欲不振、下痢、めまいを伴うこともあります。痛み方も人によって違い、締め付けるような痛みが起きたり消えたりすることもあれば、鈍い痛みがずっと続くこともあります。この痛みは生理直前から始まることが多く、1日目は最もきつく、だいたい2日ほどで治まることが多いです。

★痛み止め薬

一般的な痛み止めの薬である「鎮痛剤」は生理痛にも効果があります。

痛みを和らげるために薬を使用することは決して悪いことではありません。痛み止めは癖になるからといって、薬を飲まずに我慢する人がいますが、月に1~2度の服用で悪影響が出ることはほぼありません。ドラッグストアなどで市販されている鎮痛剤には様々な種類があり、効果・効能も様々です。生理痛の原因物質の一つ「プロスタグランジン」の成分を抑えるタイプ、生理に伴う炎症を抑えるタイプ、むくみやだるさに効くカフェイン入りのもの、イライラや緊張からくる痛みを抑えるタイプ、など。

★ピル

ピルは避妊のために使われることが多い薬ですが、他にも様々な効果・効能があり、その一つとして生理痛を和らげる効果があります。ひどい生理痛に対しても高い効果がありますが、副作用もあるため医師の診察後に処方されるのが一般的です。近年は副作用の少ない「低用量ピル」や「超低用量ピル」がよく使われるようになっています。ピルは一度飲めばずっと効果が続くわけではありませんので、生理の初日から服用し、毎日継続して飲み続ける必要があります。

★冷えを予防し、身体を温める生活

身体を締めつける服装はやめソックスを履く、冷房の効いた場所では膝にブランケットをかける、お腹や腰にカイロを当てるというように、下半身を温めるよう工夫することが大切です。つまり、腰・骨盤を中心とした下半身を温めて血液の流れを良くすることが、こうした生理痛を和らげ解消するために有効な方法といえます。