痛み止め薬の種類について

痛み止め薬は、また鎮痛剤ともいい、主に体の各部位に起こる痛みを和らげるために、用いられる薬です。痛み止め薬の成分、効果と副作用によって痛み止め薬の種類が様々です。まとめて言えば、だいたい非ステロイド性抗炎症薬、オピオイド痛み止め薬、下行性抑制系活性化薬などの種類があります。

非ステロイド性抗炎症薬
非ステロイド性抗炎症薬はステロイドではないという意味でNSAIDsとも言われています。非ステロイド性抗炎症薬の作用について、アラキドン酸カスケードにおいて、COX阻害作用によりプロスタグランジン類の生成を抑えるとともに、それに伴って増強されるブラジキニンなどの発痛物質の生成も抑えて、抗炎症作用や鎮痛作用、解熱作用があります。非ステロイド性抗炎症薬の副作用なら、胃に悪影響をもたらすこともあるので、整胃薬が一緒に処方されることがあります。

オピオイド痛み止め薬
オピオイド痛み止め薬は、オピオイド受容体に結合することで上行性に痛みが伝達されることを防ぎます。また、脳から痛みを抑制するよう伝える神経伝達物質のはたらきを促進するとも言われています。オピオイド痛み止め薬は強オピオイド痛み止め薬と弱オピオイド痛み止め薬という二種類があります。痛みを抑える作用以外にも、咳や消化管運動を抑制する副作用もありますから、注意してください。

下行性抑制系活性化薬
下行性抑制系活性化薬は5-HT1A受容体に結合してGABAニューロンを抑制する痛み止め薬です。行性抑制系活性化薬は下行性抑制系を活性化して疼痛を抑制する効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です