痛み止め薬の種類について

痛み止め薬は、また鎮痛剤ともいい、主に体の各部位に起こる痛みを和らげるために、用いられる薬です。痛み止め薬の成分、効果と副作用によって痛み止め薬の種類が様々です。まとめて言えば、だいたい非ステロイド性抗炎症薬、オピオイド痛み止め薬、下行性抑制系活性化薬などの種類があります。

非ステロイド性抗炎症薬
非ステロイド性抗炎症薬はステロイドではないという意味でNSAIDsとも言われています。非ステロイド性抗炎症薬の作用について、アラキドン酸カスケードにおいて、COX阻害作用によりプロスタグランジン類の生成を抑えるとともに、それに伴って増強されるブラジキニンなどの発痛物質の生成も抑えて、抗炎症作用や鎮痛作用、解熱作用があります。非ステロイド性抗炎症薬の副作用なら、胃に悪影響をもたらすこともあるので、整胃薬が一緒に処方されることがあります。

オピオイド痛み止め薬
オピオイド痛み止め薬は、オピオイド受容体に結合することで上行性に痛みが伝達されることを防ぎます。また、脳から痛みを抑制するよう伝える神経伝達物質のはたらきを促進するとも言われています。オピオイド痛み止め薬は強オピオイド痛み止め薬と弱オピオイド痛み止め薬という二種類があります。痛みを抑える作用以外にも、咳や消化管運動を抑制する副作用もありますから、注意してください。

下行性抑制系活性化薬
下行性抑制系活性化薬は5-HT1A受容体に結合してGABAニューロンを抑制する痛み止め薬です。行性抑制系活性化薬は下行性抑制系を活性化して疼痛を抑制する効果があります。

漢方痛み止めの紹介

体に痛みが生じるとき、特に我慢ができない場合、痛み止めを利用することは普通です。痛み止めは大きく分かれて西洋痛み止めと漢方痛み止めという二種類があります。西洋痛み止めの服用に伴い、胃に負担がかかってしまうことがよくあります。また、一般的に西洋痛み止めは神経を麻痺させることを通して痛み止めの効果に達します。それで、体に大きい副作用を与える可能性があると認められています。

漢方痛み止めはいろいろな生薬成分を採用し、体質改善を目指して身体の機能改善を促進して痛み止めの効果を発揮します。それで、漢方痛み止めは根本的に痛みを引き起こす病気を改善することで、痛み止めの目的に達します。また、西洋薬痛み止めより副作用がもっと小さいです。漢方痛み止めの効果について、例えば、牛車腎気丸は冷えやむくみのある場合に使用し、竜胆瀉肝湯は尿道炎、膀胱炎などの炎症の治療に使われることの多い、そういう両方の漢方は坐骨神経痛に有効です。また、当帰芍薬散と桂枝茯苓丸は虚弱体質で冷え症の方に効果的で、ホルモンのバランスを整え、月経不順、月経痛に素晴らしい効果があると言われています。

最近、市販の漢方痛み止めも多くなっています。漢方痛み止めを利用するとき、適切な漢方薬を選ぶためには、痛みの原因が何なのかを判断する必要があります。それで、医師と相談して、痛みの症状と体質によって自分に一番適切な漢方痛み止めを選ことが必要ですが、ぜひ注意してください。